『あわい』=ものとものとの間。間隔。隙間。(富山弁)
平らな板ガラスを放射線状に組み立てることにより立体になる。
板ガラスと板ガラスの間に “あわい”があるからこその形。