『あわい』=ものとものとの間。間隔。隙間。(富山弁)
平らな板ガラスを放射線状に組み立てることにより立体になる。
板ガラスと板ガラスの間に “あわい”があるからこその形。

『ひとせ』=ひととき。暫時。(富山弁)
人が少しの切っ掛けをあたえることにより様々に動き変化するガラス。
自らの形態により時間の流れを感じさせてくれる。
ほんのひと時、その時間により形は大きく変化する。

『ふくら』=ふっくらとやわらかく、ここちよい。
やわらかな形、やさしい雰囲気が心にここちよく響く。

吹きガラスで制作する時の基本の形である球を素にして加工で仕上げて表現。
削ると言う行為により吹きガラスだけではできない表現、形を生み出すことができます。
重なりによってできる隙間。重なりにより生まれるライン。隙間があることで生まれる空気感。
何よりも手で触れて、手で視て、手で感じながら仕上げることができる作品。
たぶん自分を活かせる作品。