Cuisine régionale L’évo

2015年NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」にて紹介された谷口英司シェフの熱い想いのこもったオーベルジュ「Cuisine régionale L’évo」。

常識にとらわれず富山の食材を無限のアイデアにより五感で至福を実感できる唯一無二の一皿。
ワインをはじめ、地ビールや日本酒など特別に準備されたお酒とのマリアージュ。
器やカトラリー、インテリア、食する空間までもがその構成要素の一つと考えての特別なしつらえ。

山の奥深くまで足を運ぶ価値のある「Cuisine régionale L’évo」

そんな「Cuisine régionale L’évo」の料理に欠かすことのできないパートナーとして加えていただいております。
是非、特別な時間を過ごしにいらしてください。

Cuisine régionale L’évo
〒939-2518 富山県南砺市利賀村大勘場田島100番地  TEL 0763-68-2115
営業時間/ランチ 12:00/12:30 [完全予約制]
ディナー 18:00/19:00 [完全予約制]
定休日/水曜日 [8月1日〜20日は夏季休業]
https://levo.toyama.jp

谷口英司
1976年大阪生まれ。高校卒業後に就職したホテルでフランス料理と出会い、日本国内やフランスで修業。2010年に富山に移り、2014年「レヴォ」を立ち上げる。「ゴ・エ・ミヨ東京・北陸2017」で、最高賞の「今年のシェフ賞」を受賞、「ミシュランガイド富山・石川(金沢)2016 特別版」で一ツ星にて掲載。2020年、自らの理想を形にしたオーベルジュ「レヴォ」を利賀村にオープン。

 

引網香月堂

創業大正8年に富山県高岡市伏木湊町にて創業した老舗の和菓子店。
「”和菓子が本来持っている面白さ”を今の時代の皆さんと共に楽しみたいと思っています。」と引網香月堂4代目引網康博さん。
国内外で和菓子の実演を行いその想いを実践されています。
伝統を引き継ぐ確かな技術で作り出す和菓子は、目に美しく、心にやさしく響く…。

2017年11月に本店を富山市古沢に移転。
移転後に古沢本店で夏季限定で始められた拘りのかき氷。
氷は富士山の天然水を使用。ー10℃以下で約72時間かけてじっくりと凍らせる事で氷の結晶が大きくミネラル分が多いかき氷なるそうです。
そのかき氷用の器としてご依頼いただき特注で制作させていただきました。

引網香月堂
〒930-0151 富山県富山市古沢111-3 TEL 076-471-8755
営業時間/9:00~18:00
定休日/月曜日・火曜日
https://www.hikiami.co.jp

【引網康博】
高校卒業後、東京の製菓学校で学ぶ。卒業後に師匠 佐々木勝氏のお店、千葉の「菓匠 京山」で修業を始める。 四年間の研鑽の後に、東京の名店「一炉庵」で修業を重ねる。
2000年に富山へ戻り、2012年、日本で唯一の和菓子職人認定制度「選・和菓子職」に北陸で初めて認定される。
2020年東京事変「赤の同盟」配信ジャケットの和菓子を調製。
首都圏での百貨店イベント、地元富山大学での和菓子講座の講師、台湾・マレーシア現地での和菓子文化のPR活動など和菓子の魅力を発信中。

 

清壽

築地本願寺そばの天ぷらのお店「清壽」。
店主の清水良晃さんは赤坂の名店「楽亭」で修行され2008年に「清壽」をオープン。
ミシュラン一つ星を獲得されているお店です。

「清壽」様では「ふくら」ぐい呑み、「てしゅー」小皿などをご愛用いただいております。
※「ふくら」はお酒用ではなくお料理やデザートにご利用いただいているようです。

清壽
〒104-0045 東京都中央区築地3-16-9 アーバンメイツビルB1 TEL 03-3546-2622
営業時間/火~日
夜の部 17:00~21:00(L.O.21:00)
定休日/月曜日
https://gb44600.gorp.jp